ニキビケアについて


ニキビには、主に2つのタイプがあります。思春期ニキビと、大人ニキビです。この2つのタイプのニキビは原因も治し方も違います。

思春期ニキビ

思春期ニキビとは、第二次成長期にあたる13歳から18歳頃までできるニキビのことです。この時期は、女性も男性も成長ホルモンや男性ホルモンの分泌量が急激に増加します。特に、皮脂分泌が活発になるこめかみや額、鼻にかけてのTゾーンにできやすいです。第二次成長期が終わり、皮脂の分泌が正常になると自然にニキビも発生しなくなりますが、間違ったスキンケアを続けることにより、大人ニキビに発展させることもあります。

(1)思春期ニキビができるメカニズムについて

思春期ニキビは、ホルモンの影響による皮脂分泌の活発化が一番の原因ですが、食生活の乱れや脂質の取りすぎも深く影響します。甘いものや油脂類の多い食生活が皮脂に含まれるポリフィリン※ の量を増やし、これを餌にアクネ菌は増殖します。皮脂腺も刺激されアクネ菌が増えると、皮脂が過剰となり毛穴を詰まらせニキビを作ります。

本来アクネ菌は、日和見菌から善玉菌に近い菌です。誰にでもある良い菌です。悪い菌のように言われますが、アクネ菌の作用によって、適度に皮脂を出して、皮膚に潤いを与えます。アクネ菌は酸素に触れると死んでしまうため、毛穴の奥で繁殖します。そのため、毛穴の中で膿を持ったニキビに進行させます。

※ポリフィリンは、遺伝や体質によっても量が決まりますが、思春期の食生活が大きく影響を与えます。

ニキビの種類

白ニキビ

白ニキビ

毛穴の表面が皮脂で詰まって、毛穴の奥でアクネ菌が繁殖している状態です。


黒ニキビ

黒ニキビ

毛穴から見える皮脂が空気に触れて酸化して黒くなった状態です。酸性の食品を過剰に摂ることにより、体が酸性に傾くことで毛穴が黒くなることもあります。


赤ニキビ

赤ニキビ

赤く腫れあがっている状態なので、痛みを感じることもあります。毛穴の中に詰まった皮脂や汚れにより、アクネ菌が異常繁殖し炎症を起こしています。


黄ニキビ

黄ニキビ

赤ニキビがさらに悪化し、毛穴の奥に膿がたまった状態で、黄色く見えます。この黄色い膿の正体は、血液の中にある白血球の過半数以上を占める好中球の死骸です。決して、つぶしてはダメです。赤ニキビの段階で炎症を鎮めることが大事です。


ニキビ跡(クレーター)

ニキビ跡(クレーター)

ニキビを悪化させ炎症を起こすと、皮膚の奥深くの真皮層にまで影響を及ぼします。膿んだニキビをつぶすと、ニキビ跡が残り、肌が凹凸になります。この状態になると、ピーリングも効果はなく、完治はとても難しいです。絶対に、膿んだニキビをつぶさないで下さい。


(2)スキンケアと食生活が改善のカギを握る!

思春期ニキビケアの基本は、正しいスキンケアとバランスのとれた食生活です。

正しいスキンケア

泡洗顔料で洗う基本的には、泡洗顔料で洗って、ローションでパックをするだけで改善させることが可能です。洗顔の時に一番大切なことは、泡で優しく洗うことです。皮膚に余計な刺激を与えないことが大事です。ニキビが気になると、洗顔ブラシで洗ったり、毛穴汚れや皮脂汚れをしっかり取る洗顔料で洗いたくなります。

また、フルーツ酸、乳酸、サリチル酸など殺菌作用のある洗顔料はアクネ菌はじめ善玉菌も殺すことになります。善玉菌は適度な皮脂を出し潤いを与えますが、これらの使用で、必要な潤いまで落としてしまいます。すると、お肌はアルカリに傾き、マラセチア菌など悪玉菌が繁殖しやすい肌になります。肌も傷つき炎症を引き起こし、余計にニキビを悪化させます。潤いを取り戻そうと、毛穴から過剰に脂を出すことにより、オイリー肌にもなり、ニキビを繰り返します。また、角栓や毛穴の開きにも悩ま されます。

一般的に、ピーリングは、皮膚剥離を促すので古い角質を除去し、毛穴のつまりを解消し、炎症の原因となるアクネ菌を殺菌することで治癒させるといわれ、推奨されていました。しかし、これは間違ったケアです。皮膚常在菌を死滅させるピーリングは、ニキビ治療において、最もやってはいけないことです。善玉菌を取り除くと、皮膚常在菌バランスは崩れ、お肌は乾燥します。肌の乾燥を補うために、過剰に毛穴から脂を出し、肌トラブルへとつながります。皮膚も薄くなり、ペラペラ・テカテカの ビニール肌になります。

抗菌化粧品の使用やピーリング、角質ケアで、異常に頬が突っ張ったり、皮が剥けたり、乾燥するのは、そのためです。やり続けるとニキビだけでなく、脂漏性湿疹、バリア機能破壊など別の肌トラブルに移行することもあります。

また、皮膚科では抗生物質とニキビ用塗り薬を処方されますが、これもニキビを慢性的にさせる原因であります。皮膚科で治療しているのに一向に治らない人も多いです。抗生物質は、腸内細菌をすべて殺しますので、一時的にニキビは綺麗になります。しかし、また同じ食生活が続くと、悪玉菌が増えてきて、ニキビが再発します。そうならないため、永遠と抗生物質を飲む羽目になります。すると、今度は、体内で耐性菌が作られ、菌やウイルス感染に弱い体になります。免疫機能もおかしくなり、アレルギーを発症する方も多いです。

ニキビ用塗り薬には、ディフェリンゲル、エピオゲルなどがありますが、これらも皮膚剥離を起こし毛穴のつまりを取り除くことによって、ニキビを改善させます。しかし、先ほども言いましたように、皮膚剥離をするということは、大切な皮膚常在菌を殺すことになります。これでニキビが改善することはありません。お肌も乾燥し、ペラペラになるので、塗り薬の使用はやめて下さい。
思春期ニキビがいつまでも治らない原因は、間違ったスキンケアと食生活と治療法にあります。


「思春期ニキビにはピーリングではなく、炎症を鎮めるケアが大切!」

そもそも、10代のお肌に古い角質は存在しません。角質を除去する角質ケアやピーリングは、間違ったニキビケアといえます。薬での治療も根本療法ではありません。そ うではなく、泡洗顔料で優しく洗い、ローションでパック(もしくはスプレー)をすることが、炎症を鎮めるケアであり、初歩的なニキビケアであります。自然と毛穴のつまり、汚れ、ニキビは解消され、皮膚常在菌バランスが整ってくるのを実感します。


バランスのとれた食生活

和食ニキビは内臓の状態が現れた結果です。ニキビの多い肌は、腸内環境が悪いと言えます。皮脂分泌を活発化させる食品を控えることが何よりも大事であります。

動物性たんぱく質、砂糖の多い食べ物、乳脂肪の多い食べ物、トランスファット脂肪酸、小麦グルテン、カップラーメンなどの添加物の過剰摂取は控えて下さい。野菜、果物、発酵食品、海藻、魚、日本食や自然食を中心に食べることが大切です。抗生物質など薬品の摂取も腸内環境を悪化させます。気を付けて下さい。

(3)綺麗な肌の定義は、表面がサラサラとした子供のような肌

子どものような肌最近の若い女性の肌は自然な艶ではなく、ツルツル、テカテカしています。これも角質ケアなど間違ったスキンケアの習慣から来ています。本来、綺麗な肌は表面がサラサラとしています。子供の肌を触ってみると分かります。とても軽いタッチで、ふわっとしてサラサラしています。この状態こそが、皮膚常在菌のバランスが保たれた美肌と言えます。泡洗顔料と酸性ローションでのシンプルスキンケアを続けることにより、ニキビレスの透明感のある素肌へと導きます。

(4)大人ニキビへと進化させる悪しきスキンケア習慣

悪い習慣最近は、角質ケアを取り入れ、古い角質を取ることを推奨しています。しかし、10代20代のお肌は新陳代謝が活発です。古い角質は自然に落ちています。故意に剥がすのは、自ら常在菌を殺していることになります。

必要な角質を剥がすことにより、肌トラブルへと発展します。

肌の比較


こんな悩みが増えてきたら、今のスキンケアを見直しましょう!

角質ケアなど間違ったスキンケアを習慣化させると、大人ニキビへと発展します。大人ニキビは、原因が多様化しており、他にもホルモンバランスの乱れ、食生活の乱れ、ストレス、薬の服用などがあります。しかし、多くの方が、間違ったスキンケアの習慣で、常在菌バランスが崩れることにより、大人ニキビや万年吹き出物へと移行させているのも事実です。

スキンケアを始める一番最初に、どういう化粧品を選ぶかは、その後のお肌の成長にとっても、また美肌を保つ上でも、とても大事なことです。

(5)ドゥーサ化粧品が推奨する10代のスキンケアのお手入れ

もう肌荒れ、ニキビ、吹き出物を繰り返さない!自信の持てるサラサラな美肌へ

10代思春期ニキビのお手入れ

ニキビ肌本来、健康な肌をキープするためには、泡洗顔料で洗う習慣をつけることがとても大切です。ドゥーサの泡洗顔料は、ブラックシリカを配合し、このミネラル成分がニキビに対する消炎作用があるといわれています。必要な角質を落とさず、皮膚表面にある毛穴汚れのみをすっきりと落とします。首、背中、胸、おしりにあるニキビにも、お使い頂けます。

ブラックシリカ

ブラックシリカ

ミネラル成分を豊富に含んだ鉱物。常温で遠赤外線を放出し、マイナスイオンを高レベルで大量発生させるため、代謝を良くし、自然治癒力を高めるといわれています。


また、健康な肌のPHは4.0〜5.5の弱酸性で、常在菌バランスも整っています。一方、ニキビ肌はアルカリに傾き、マラセチア菌、黄色ブドウ球菌、アクネ菌が多く、常在菌バランスが悪玉菌優位になっています。悪玉菌は、PH5以下では生育が弱まるといわれています。PH4.5±0.3のローションでパックをすることにより、お肌のPHを弱酸性に保つことができます。お肌に潤いを与え、ニキビの悪化を防ぎ、健やかな肌を保ちます。たったこの2つのステップだけで、思春期ニキビを繰り返しません。

お手入れステップ


10代思春期ニキビ

ご使用方法


  1. 朝晩、ミネラルクレンジングソープを使い、お肌をこすらないように、泡で優しく洗います。首、背中、胸、おしりのニキビにも使えます。洗顔後は、ニキビをつぶしたり、必要以上に触らないでください。
  2. 朝は、ミネラルスキンリペアローションをスプレーして、お肌のPHを整え、保湿します。日中も、こまめにスプレーすると、ニキビの悪化を防ぎます。体にあるニキビにもスプレーして下さい。※時間のあるかたは、朝もローションパックをすることをお勧めします。
  3. 夜は、ミネラルスキンリペアローションを使って、お肌を15分間ローションパックします。お肌を弱酸性に保つことによって、ニキビの悪化を防ぎます。
  4. ビワの葉エキスを患部にちょんちょんと塗ると、ニキビが小さくなります。(顔全体に塗らず、患部のみ塗ります。)無料のビワの葉エキスがあります。アクネ菌の増殖を防ぐアクレスモイストジェル(30g 6,700円)もご用意しています。ビワの葉エキスが効かない場合は、こちらをお勧めします。
  5. 乾燥する方は、ジェントルスキンリペアジェルクリームを塗って下さい。

ローションパックの手順

注意事項


※ピーリング、角質ケア、抗菌ケア、毛穴ケア、スクラブ、洗顔ブラシ、洗顔パフでのお手入れは、ニキビ悪化の原因となりますので、避けて下さい。

※他の化粧品との併用は、肌状態悪化の原因となりますので、避けて下さい。

※すでに塗り薬を使って肌を傷めていたり、間違ったスキンケアで皮膚が薄くなっている場合、アレルギーがある場合は、センシティブシリーズのミネラルジェントルフェイシャルウォッシュをお使いください。泡洗顔料が合わない場合があります。

※皮脂分泌を活発化させないために、脂質の多い食事や添加物の多い食事は避けて下さい。睡眠も十分にとって下さい。

※日常的な薬の常用(特に抗生物質)は、腸内環境を著しく悪化させるので、飲まないで下さい。薬の服用はホルモンバランスも乱すので、摂取しないで下さい。命にかかわる薬は別です。

※食生活が乱れがちな方や、栄養不足の方は、アミノ酸46(栄養補助食品)の服用をお勧めします。1日2包、朝晩飲んで下さい。

※アクネ菌の増殖を防ぐアクレスモイストジェル(30g 6,700円)もご用意しています。アクネ菌の繁殖を抑制することを目的としたクリームです。しつこいニキビやニキビ跡、炎症で赤くなったニキビにお使い頂けるジェルクリームです。塗り薬の代わりにお使いいただけます。副作用などは、一切ございません。

※もし、ここに書かれてある通りに、1か月続けても思春期ニキビが良くならない場合は、無料でアドバイスさせて頂きますので、お問い合わせからご連絡下さい。


10代普通肌のお手入れ

普通肌基本は、泡洗顔料で洗って、ローションでスプレーするだけで美肌をキープすることができます。大事なことは、必要のないケアはしないことです。この年代は、何もしない人の方が、肌が綺麗です。鼻の角栓を取るパック、スクラブ入りの洗顔料、ふき取りクレンジングなど、お肌を傷める行為は、すべてNGです。エステサロンや美容皮膚科での特別なケアも、必要ありません。古い角質や皮脂、毛穴の汚れまでしっかり落とすような洗顔料も、逆に肌を傷め皮膚を薄くします。お肌に負担のかからない100%ナチュラルなスキンケアで、いつまでも透明感のある健康肌を保ちます。

お手入れステップ


10代普通肌

ご使用方法


  1. 夜のみ、ミネラルクレンジングソープを使い、お肌をこすらないように、泡で優しく洗います。
  2. 洗顔後、ミネラルスキンリペアローションをスプレーして、お肌のPHを整え、保湿します。保湿の足りない方は、ミネラルスキンリペアセラムを塗って下さい。

注意事項


※ピーリング、角質ケア、毛穴ケア、角栓を取るパック、スクラブ、洗顔ブラシ、洗顔パフでのお手入れは、肌状態悪化の原因となりますので、避けて下さい。

※他の化粧品との併用は、肌状態悪化の原因となりますので、避けて下さい。

※体も泡洗顔料で洗って下さい。


大人ニキビ

大人ニキビは原因が多岐に渡ります。すべての方が同じスキンケアをすることは不可能です。大人ニキビは、肌状態を詳しく見る必要があります。是非、100%返金保証制度を設けている常在菌&肌質検査を受けて下さい。

表皮常在菌検査&肌質検査キット


代表紹介

株式会社ドゥーサ 野口みち代

◼︎株式会社ドゥーサ 代表取締役
予防医学指導士
認定フェイシャルエステティシャン
予防医学・代替医療振興協会会員

1976年生まれ、岩手県出身

大学卒業後、シンガポール、アメリカ、ドイツで12年間生活していくうちに、オーガニック・ナチュラルを生活のベースとして取り入れる。その間にエステティシャン・予防医学指導士の資格を取得し、サロンで働く。

2013年7月、札幌に移住し、製法と成分にこだわった100%ナチュラル化粧品の開発に携わる。

2015年7月、北海道上ノ国町でしか採れない鉱石のブラックシリカと、有機ゲルマニウムのミネラル成分を配合した、肌荒れを防ぐ化粧品・ナチュラルシリーズをオンラインショップで発売する。

2018年2月、肌荒れの方専用化粧品、センシティブシリーズを発売する。ミネラルスキンリペアローションでのローションパックは、肌荒れが治ると、愛用者が多く、入荷してもすぐに完売するほどの人気商品。

2019年1月、固形石けんを液体泡洗顔料に、リニューアル販売する。100%ナチュラルな処方は変わらず、さらにお肌に優しい洗顔料として、生まれ変わり、こちらも大好評。

遠赤外線効果のもつ血行促進&新陳代謝を促す作用によって、肌荒れや肌トラブルが良くなる、と口コミで話題となる。また、皮膚常在菌にも着目した処方は、ドゥーサオリジナルで、次第に本来のお肌を取り戻すと、喜びの声も多い。

予防医学を取り入れ、肌だけでなく、体の健康も考えた内側からのケアにも力を入れている。いつまでも美肌を保つために、お肌を育てるシンプルスキンケアを提唱する。

→代表ブログはこちら

→ドゥーサ公式サイトはこちら

Top